読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RayMond Carver, What We Talk About When We Talk About Love

 

What We Talk About When We Talk About Love (Vintage Classics)

What We Talk About When We Talk About Love (Vintage Classics)

 

 

This powerful collection of stories, set in the mid-West among the lonely men and women who drink, fish and play cards to ease the passing of time, was the first by Raymond Carver to be published in the UK. With its spare, colloquial narration and razor-sharp sense of how people really communicate, the collection was to become one of the most influential literary works of the 1980s. 

 

しみじみと本を読むのは約一ヶ月ぶりになる。実は昨日からインフルエンザに罹ってしまい、他にすることもないのでせっせと棚に積まれた本の切り崩しにかかっているというわけだ。本書は現代アメリカ文学の代表的作家といわれるレイモンド・カーヴァーによる短編集だが、英語で書かれているということで中々食指が動かなかったというのが正直な所である。というのは、本作に関しては村上春樹による翻訳本も出版されてはいるのだが、この手のミニマリズム小説は間違いなく原文で読んだ方が良いと個人的に考えるためだ。ミニマリズムとは一種の芸術手法であり、日本語に訳せば「最小限主義」となる。ミニマリズム小説は装飾的な要素を一切廃し、描写を必要最低限に留めるため象徴的かつ抽象的な概念を含有しがちだ。そして、そこには原書で用いられる言語特有のニュアンスや暗示的要素といったものが確実に介在してくるわけだが、いかに優れた訳者といえども、こういった意味を正確に翻訳することは極めて難しい。しかしながら、表現という点に絞って見てみると、ミニマリズム小説は非常に簡潔で分かりやすい文章により叙述が為されるので、外国語で原書が書かれた作品も少々の語学力で楽しむことが出来る。もし英語が少しでも読めるのであれば、訳者により曲解されてしまった可能性のある叙述をそのまま受け取るよりも、自分の手で翻訳した叙述を自分の頭で解釈する方が良いだろう。なぜなら、とりわけこういった作品の翻訳に際して必要になってくる要素は、語学力よりもむしろ個人の感性であるからだ。以上のような理由から、ミニマリズム小説は原書で読むことが好ましいと考える。内容について、その意味するところの全てを自分が理解できたとは到底思わないが、本書は「愛とは何か」という普遍的なトピックについていくつかの答えを暗示するようなものであったと感じる。そして、その洗練された文章には言葉としての美しさが確かに存在し、ある点においては、その美しさは文学の最終到達点であるようにも、素人ながらに思った。